MENU

金利が安いカードローンの選び方と注意点について

カードローンの金利は発行元によって異なるものであり、その主体によってある程度の傾向も見て取る事が出来ます。
そもそも金利が安いかどうかは、一定幅で示される年率の最も高い数値で比較するのが基本となります。ある程度までの額の借り入れの場合、ほぼ自動的にその利率が適用される事がその理由です。
そして実際に比較を行った場合に基本的に金利が安い発行元は、いわゆる銀行系となります。これは銀行がカードローンでの貸し付けを行う業者としては後発であり、総量規制の施行等による貸し付け全般への環境の変化が起きて以降の事である為に、設定を優位にする事で顧客の取り込みを図ったという側面が現在におけるまで続いているからです。
但し一方で、特定条件下においては必ずしも銀行系のカードローンが最も安い金利になるとは限らない面があります。具体的に挙げるとまず、消費者金融系においては前述の銀行系参入に対抗する形で設定した、短期間・初回条件での無利息貸し付けサービスを展開しているケースが多く見られます。つまり条件に当て嵌まれば金利がゼロとなる訳であり、該当する場合に限っては最も安い対象となり得ます。
また最高利率が適用されない額の借り入れを行う場合には、話が異なって来る面があります。こうした場合も概ね銀行系に金利面での軍配が上がるケースは多いのですが、ポイントとして捉えたいのは借入額による利率の区切りが各事業者によって異なるという点です。
この違いが何を生むかと言うと、あるピンポイントの借入額においては特定の事業者だけがかなり有利となっているケースが出て来るという事です。つまり借入が纏まった額となる場合、事前に個々の事業者毎の違いを良く調べる事で有利な設定を見つけ出せるという訳です。
従って借入期間や額に合わせた事業者の選定を行うと、安さという点ではベストな事業者が選べる訳ですが、実際の選定にあたっては他の要素も視野に入れたいところです。例えば金利面では一番安いものの提携ATMが近くに無く不便だったり、引き出し手数料で安さによる恩恵が相殺されてしまうようなケースが考えられます。
拠って単に金利が安いところだけに絞るのでは無く、微差であれば利便性を重視した選択を行った方が良いケースが考えられる事も知って置くべきと言えます。何れにせよ利用形態によってどの事業者がベストかは異なる面があり、様々な情報から自身の利用に合うと思われる事業者選びを行う事が望まれるのです。


PVランキング SEOアクセスアップ相互リンク集 PageRank表示リンク ページランク表示 芦屋市 中古マンション上位表示したいキーワードを単語で記載